事業開始手続き

 事業開始手続き

ステップ1:前提条件

トップへ

営業許可を申請する前に、申請者は以下の営業許可条件を満たしていなければなりません:

  • 職業上の安定性;
     
  • 想定する活動に必要な職業資格:
  • ルクセンブルク国内で設立されていること:活動内容や規模に適したインフラを含む物理的設備がルクセンブルク国内に存在する場合にのみ営業許可が下ります。
  • 以下の条件を満たす者が営業許可証を有し、有効かつ恒常的に経営をしていること:
    • 経営者自身が、定期的・日常的に会社を効果的に管理・運営していること(住所が遠隔地の場合、申請に不利となる可能性があります)。事業を委託する権限が与えられた第三者を恒常的に駐留させても、営業許可証保持者の不在を補うことはできません。
    • (当該事業の所有者、共同経営者、株主、あるいは給与所得者として)当該事業に結びついていること
  • 税務上・事業上の義務の遵守:該当する経営者は過去または現在の事業活動において、その活動が本人の名前の下、または自身が運営する会社を通して行われた場合、事業上・税務上の義務を逃れることはできません。


 

ステップ2:営業許可

トップへ

ほとんどの商業活動、手工業部門、あるいは特定の自由業には、ルクセンブルク中小企業省からの営業許可が必要です。

 営業許可の申請

一部の自由業は、特定の営業許可の取得が必要です。

第三国の国民は、ルクセンブルクに入国する前に事業許可申請と仮居住許可を同時に申請しなければなりません。EU加盟国の国民はEUの中を自由に移動する権利があります。EU域内であればどこに住んでもどこで働いても構いません。

EUに拠点を持つ企業は、ルクセンブルクでの一時的なサービスや不定期のサービスを営業許可なしで提供することができます。ただし職人や製造業者は、サービスを開始する前に中小企業・起業総局へ通知しなければなりません。


 

ステップ3:会社の設立と登記

トップへ

法的形式を問わず、ルクセンブルクを拠点とする企業は、ルクセンブルク商業・法人登記簿に登録しなければなりません。

  会社の設立と登記


 

ステップ:社会保障局への登録

トップへ

営業許可証保持者は、自営業者または給与所得者として、共同社会保障センター(Centre commun de la sécurité sociale – CCSS)に登録しなければなりません。

  自営業者として登録

  給与所得者として登録

給与所得者が登録を行う前に、当該企業が雇用者として登録されていなければなりません。.


 

ステップ:税務当局への登録

トップへ

ルクセンブルクに拠点を持つ企業は、ルクセンブルク登記局(Administration de l'enregistrement et des domaines - AED)にVAT登録をしなければなりません。

ルクセンブルク直接税国税局(Administration des contributions directes –ACD) にお問い合わせください。

  付加価値税(VAT)の登録

所得税に関する問い合わせについては、ルクセンブルク内国歳入局が当該企業に直接、郵便にて連絡します。

 投資家の定着支援

ルクセンブルクは、新たなベンチャーがすみやかなスタートを切れるよう個別のニーズに合わせた包括的な支援を提供しています。

 

産業用地

土地は、国、地域、または市が所有する数多くの工業団地のいずれかから有利なレートで提供されます。そこには、輸送・通信網への接続、水の供給、下水道、電気、天然ガスなどの公共インフラなどがすべて備わっています。いずれも国内外を結ぶ主要幹線道路、鉄道、空港の近くに位置しています。

 

インキュベータ

ビジネス・イノベーションセンターは、ルクセンブルクで革新的な新しい活動を始めたいと考えている起業家や技術力の高い企業を迎え、支援するためのプラットフォームを提供しています。インキュベータはこうした企業の発展と成長を促進する新プロジェクトに対し適切な支援と助言を提供します。彼らはルクセンブルクでの事業設立を図る外資系企業に一時拠点を提供する中継局としても機能しています。

 

資金援助

特定プロジェクトへの資金調達については、自己資本や銀行融資を補完するために資金援助が与えられる可能性があります。援助の対象となるのは中小企業や開発指定地域にある会社です。環境保護や効率的なエネルギー利用と同様に、新製品、新サービス、新プロセスに焦点を合わせた研究、開発、イノベーションへの投資に対する資金援助が可能です。公的金融機関 (SNCI) からの中長期貸し付け、並びに政府からの資本補助も利用できます。